ワーキングホリデーとは?ワーホリとは?一体何?

ワーキングホリデー制度は

18歳から30歳までの人が、ワーキングホリデー協定を結んだ国に1~2年の滞在中就学・旅行・就労しながら生活できる制度です。
*原則として、各国ごとに一生に一度しか利用できません!通常は観光は許されていても働くことはできませんし、就学や留学をしながら働くことも規定があることを考えると、現地で語学を勉強しながら働いたり、働きながら旅行をしたり生活しながら海外の文化に溶け込んだりなどができる大変価値の高い制度です!ワーキングホリデー制度の協定国はオーストラリア・ニュージーランド・アイルランド・ドイツ・ノルウェー・台湾・ポーランド・スロバキア・ハンガリー・カナダ・イギリス・フランス・デンマーク・韓国・ポルトガル・オーストリア・スペイン
18カ国もあります!人気なのはオーストラリア・ニュージランド・カナダの3カ国です。
しかしながら、こんなに素晴らしい制度にもかかわらず、ワーキングホリデーで思うようにいかず悩んで帰国する人もいます。

 

 

ワーキングホリデーの就職

ワーキングホリデー中の仕事の探し方

ワーキングホリデーに行くことが決まったのは良いけど、現地での就職先はどうやって探したら良いのか?出発前に日本に居る段階では、ワーキングホリデー中の就職活動までは手が回らない。という方がほとんどだと思います。でも、ご安心を。多くの人は現地到着後に就職先を見つけています。ワーキングホリデー中の就職活動は、コツさえ掴めば何かしら見つかります。

1.求人サイトを活用する

最もポピュラーな方法で、日々多くの求人情報が更新されています。自分のスキル、語学レベル、興味のある分野など検索フィルタを上手に利用して希望の案件を探しましょう。多くの求人サイトでは履歴書を保存しておくことができ、各社の採用担当者が閲覧できるシステムもあります。これらを閲覧した担当者から連絡が入る場合もありますので、忘れずに英文履歴書をアップロードしておきましょう。

求人サイトは多く存在していますが、下記は英語圏でポピュラーな求人サイトの一例です。

  • LinkedIn:今までの職歴、自分の顔写真などプロフィールを作成できるソーシャルネットワークサービス。フェイスブックなどと同様にコネクションを増やしていくことができます。アプリをスマホやタブレットへインストールすれば、どこからでも求人検索が可能。
  • Monster.com:求人サイトの老舗とも言えるサイトです。業種、キーワード、ロケーションなど細かな検索条件を指定できます。
  • indeed: アカウント作成(無料)後に、サイト上で自分の履歴書を構築することが出来ます。履歴書を公開するよう設定しておけば、採用担当者の目にも触れやすく、向こうからアプローチしてくる場合も多いです。

各サイトともに、検索したい国と地域を指定してから求人検索をしましょう。

2.現地のフリーペーパーや新聞の求人欄を確認しよう

スーパーマーケットなどに置いてあるフリーペーパーや、安く購入できる新聞を入手して求人広告を頻繁にチェックしましょう。日系食材店などが近隣にある場合は、日本語のフリーペーパーが置いてある場合があります。これは求人案件の宝庫です!日本語と英語を生かせる仕事が沢山載っているので、日系のお店やレストランへ立ち寄る際は必ずフリーペーパーの有無も確認しましょう。地元のスーパーや商店などの掲示板に求人広告が貼ってある場合も多いので、常にアンテナを張るクセを付けておきましょう。

3.口コミ

語学学校に通っている場合は、同級生、スタッフ、先生に仕事を探している旨を伝えてみましょう。EFの語学留学では、EFの生徒を対象にお仕事探しのサポートも実施しています。ホームステイをしている場合も同様に、ホストファミリーに聞いてみると良いでしょう。地元の情報に詳しいので、きっと何かしらの情報をもたらしてくれるはずです。案外、身近なところにチャンスは転がっているかもしれませんよ!

4.飛び込み営業をしてみる

インターネットのおかげで便利になった就職活動ですが、飛び込み営業も侮れません。ショップやレストランのウィンドウに求人広告が貼ってある事も多いので、気になる案件を見つけたらその場で面接のアポを取ってみましょう。また、自分の気になるお店や会社がある場合は広告の有無に関わらず、仕事があるかどうか聞いてみるのも手です。広告を出していないだけで人手が足りていない場合もありますので、気になる仕事はどんどんアポを取っていきましょう。